六華同窓会 夏の交流会に参加しました


 さる9月6日金曜日、ジャスマックプラザホテルで行われた六華同窓会夏の交流会に参加して参りました。

 今回の座席は受付時のくじ引きで決められるという方式。会の途中にも再度くじ引きによる席替えがあり、さまざまな年代の方と幅広く交流できる仕掛けとなっていました。 

 在校生向けの「六華ゼミ」に倣い、昨年から交流会の参加者に向けて行われるようになった「大人の六華ゼミ」。今回は我が南44期実行委員会副委員長でもある向裕加が講師を務めさせていただきました。臨床心理士として札幌にカウンセリングオフィスを構え、留学経験で培った英語力を活かして海外の研修にも精力的に参加している彼女。ニューヨークで受けた先進的な学びを生まれ育った北海道からダイレクトに発信しようとする姿勢に、同期として、また道産子として頼もしさを覚えます。今回は先進諸国に比べメンタルヘルス対策が遅れているわが国の状況を、データを交えながら説明してくれました。メンタルの不調による従業員の休職、辞職がどれほど企業の損失となるのか、その額の大きさに驚きます。国を挙げて「人」を守ることがいかに重要かを知る機会となりました。


 小砂会長からご挨拶と乾杯のご発声をいただき、各卓で和やかに談笑が始まります。自己紹介や名刺交換から、高校時代の思い出やかつての札幌の様子、現在就いている仕事など話題は多岐にわたり途切れることがありません。時代や場所を超えて多くの同窓生とつながれるのが交流会の良いところなのでしょう。 


 楽しい宴の途中でお時間を頂戴し、南44期から総会懇親会のご案内のご挨拶をさせていただきました。

 1年前にはまだぼんやりとした輪郭しか見えていなかった同窓会も、気づけば残り1か月強に迫っています。みなさまのご支援・ご協力をいただきながら、それぞれ仕事や私事をやり繰りし、今年のテーマである「六華SWITCH」を体現すべくON/OFFのSWITCHを切り替えて活動して参りました。これまで毎年滞りなく同窓会を開いてくださった先輩方に感謝と尊敬の念を覚えつつ、卒業後25年の時を経て再びひとつの事に向かって力を合わせる機会を与えていただいたことを有り難く思う日々です。会の途中にも、幹事期ご苦労さま、大変でしょう、頑張ってね、楽しみにしているよ、等の優しい励ましの言葉をかけていただき、改めて多くの方に支えられていることを実感しました。一人でも多くの方に喜んでいただけるよう残りの期間で出来ることを精一杯行い、当日のおもてなしに繋げていこうと思います。


  続いて南37期のアピールタイム。来年6月に行われる東京六華同窓会のアナウンスメントがなされました。会場はいつもの品川グース、ではなく、趣向を変えて九段下のホテルグランドパレスで行われるそう。テーマは「六華六輪」―五輪にプラスするもう一つの輪は六華同窓生の集まりの輪でしょうか。オリンピックムード漂う東京の街で華々しく開催される様子が今から目に浮かぶようです。


 会も終わりに近づき、和田由美副会長が壇上へ上がられます。締めのご挨拶と乾杯…の前に、ご自身の出版社より刊行されたばかりの本を一名に贈呈するということで、じゃんけん大会の始まり!札幌の野鳥に関する美しい本が勝者に贈られておおいに盛り上がり、夏の交流会の幕は閉じました。


 10月19日の同窓会では、人とのつながりを温かく照らす六華SWITCHの灯りをぜひ感じていただきたく準備にいそしんでおります。当日のみなさまのご来場を幹事期一同心よりお待ち申し上げております。

 (広報編集部 石田しのぶ)

六華同窓会2019

六華同窓会2019 ~六華SWITCH~ 総会・懇親会の公式サイトです。 【総会・懇親会】 2019年10月19日(土) 於:札幌パークホテル (詳細は上部タブ「2019総会・懇親会」から) 春の学校林散策会、在校生向けの六華ゼミ などについてもお知らせいたします。 運営:六華同窓会2019実行委員会(南44期)

0コメント

  • 1000 / 1000