六華サロンで南44期山上敦士氏が講演しました

令和元年9月27日金曜日、プレミアムフライデーに第122回六華サロンが開催されました。

今回の講師は南44期山上敦士くん。テーマは「素数のお話」です。


現在は大学の准教授として日々数学と共にある山上くん。

まずは南高時代の自己紹介から始まりました。曰く、クイズ研究<ビートルズ研究<麻雀<数学、であったとのこと。なおここでの不等号は数学的意味合いとはまたちょっと違うことをお断りしておきます、とのっけからつかみはOKな山上くん。さすが先生業の人らしく、とてもお話が面白く会場全体をグイっと惹きつけます。

麻雀に相当はまっていたそうですが、その待ち時間に数学の問題を解いていたのだとか! 文系側に振り切れている私には想像もつきませんが、きっと高校時代の山上くんはそれが楽しかったのでしょうね。「青春は麻雀と数学」と断言していました。

そんな山上くんの専門は「p進保型形式とガロア理論の変形理論」。見ても聞いてもさっぱりわかりませんが、フェルマーの最終定理の証明に使われた理論なのだそうです。pは素数 prime number のpということで、明日使える雑学としてこれは覚えました。

山上くんは毎朝おきて日付を確認するとき、素数を思うのだそう。ちなみに開催当日の20190927は残念ながら素数ではなく、3×439×15331となるようです。

「素数のおかげで暮らせてる」とニコニコ笑顔で言う、毎日素数と一緒にいる山上くん。対して、素数を意識することは年に一度もないかもしれない私。いろんな生き方が、暮らしがありますね。

素数とは何ぞや、という説明に続いて、数学体験①はエラトステネスの篩(ふるい)です。

これ、私は初めて聞いたのですが、スマホの「えらとす」までで予測変換で出てきますので、有名なものなのかもしれません。エラトステネスは紀元前3世紀ギリシャの数学者。そんな大昔から数学という学問があったことに皆さん驚いていたようです。

エラトステネスの篩のやり方の詳細は割愛しまして、会場全員で50までの素数の数をせーので発表。無事皆さん正解の15個を導き出せたようでした。

なぜ2、3、5、7の倍数を消すだけで50までの素数が見つけられるのか。

その説明として、ユークリッドの定理の説明がありました。この定理は「自然数nに対しnの、1以外の約数のうち最も小さいものは素数である」というものです。ユークリッドは受験数学で耳にしたことがある方も多いかもしれませんね。


この定理を証明する山上くん。ここで名言です。曰く、「ポエムとして、漂う雰囲気を楽しむという素数とのお付き合いの仕方もある」と。

会場の多数が数学的初心者であることから、数学的な詳細を理解してもらうのは難しいと感じていたのでしょうか。主に余談ともいえるこういった一言二言が話のそこかしこにちりばめられ、その度に会場がどっと沸きます。

続いて、メルセンヌ素数のお話も。2をp乗して1引いた形で表せる素数です。

ちなみにメルセンヌはフェルマーの友達なのだそう。p乗するpは素数じゃないといけないのですが、その理由は私にはちょっと難しく、恥ずかしながらついていけませんでした。

なお、メルセンヌ素数はこの400年で51個しか見つかってないそうです。

2018年に発見された2の82589933乗引く1のメルセンヌ素数が、現在わかっている最大の素数なのだとか。これは十進法で表すと2486万桁にもなる数で、こんなに大きな素数があるなんて、世界には夢がありますね。文系よりの感想ですみません。


完全数のお話もありました。完全数とは何ぞやというのは各自お調べいただくとして、6と28は完全数です。そして、6月28日はパフェの日。パフェはフランス語で「完全」の意。

これを知った山上くん、「完全数の日だからパフェの日なのか!」と興奮したそうですが、実のところは1950年6月28日に巨人の藤本投手が初完全試合したことからで、完全数とは関係なかった、とオチまで完璧でした。

さらに、数学体験②「RSA暗号」(mod33版)で与えられた資料から暗号を解きます。この暗号にも素数が使われていて、「素数は暗号を守っている」のだそう。いい言葉ですね。「蟲は世界を守ってる」ぽくて心に響きました。

この「RSA暗号」(mod33版)の解き方は、あらかじめ数字を割り振られたアルファベットの羅列を、その数字を3乗して33で割った余りをもとのアルファベットに変換すると意味のある一文となるアルファベットが出現するというもの。皆、電卓でどんどん計算していきます。すると・・・「LET'S DRINK!」という一文があらわれ、大盛り上がりのうちに時間いっぱい、本会は終了となりました。

続く紅梅での二次会でも山上くんの素数愛は爆発。好きなものを語る人の顔って、本当に素敵な表情です。果たして私は何についてならキラキラした瞳で誰かにその愛を伝えられるのか。「素数」という推しがいる山上くんを皆がまぶしく温かく見つめた六華サロンでした。

次回第123回六華サロンは10月9日水曜日、南28期今井康人さんと南44期下田真実さんのダブル講師による「まだまだ中盤戦!ラグビーワールドカップの楽しみ方」です。是非皆さんおいでください!

六華サロンの最新情報・参加申込はこちら↓

https://rikkasalontokyo.wixsite.com/info

六華同窓会2019

六華同窓会2019 ~六華SWITCH~ 総会・懇親会の公式サイトです。 【総会・懇親会】 2019年10月19日(土) 於:札幌パークホテル (詳細は上部タブ「2019総会・懇親会」から) 春の学校林散策会、在校生向けの六華ゼミ などについてもお知らせいたします。 運営:六華同窓会2019実行委員会(南44期)

0コメント

  • 1000 / 1000